布をツールにできることを教えてくれる

のぼり旗は、土台・ポール・布といった道具や素材を用いて広告宣伝を行うことがツールの一つです。

お弁当を販売している店舗の店先などをはじめ、飲食店の店舗前や店内などで見かけることがあるのぼり旗は、屋外であれば遠くからでも認識ができる、店内に設置する場合では現在開催中の新メニューの紹介などの広告宣伝を行えるメリットがあります。

弁当をのぼりで広告

また、土台となるものはポールをしっかり支え、強風が吹いているときでも倒れることがないので、天候が悪化したからといってそれを店内などに移動せずに広告宣伝を続けられるなどのメリットもあるのではないでしょうか。

noboribata.netは、京都のれん株式会社が運営を行っている通販サイトの名称、サイトの中にはエコののぼり旗の製作や蛍光のぼり旗、シルク印刷やアミテン特殊可能など知識の向上に役立てることができるコンテンツも多数用意されているのが特徴です。

なお、こちらの会社の通販サイトでもあるnoboribata.netは、布をツールにできることをのぼり旗を利用して宣伝したいオーナーさんに対して、高品質でありながら低価格なオリジナルのぼり旗の紹介やオーダー品などの紹介も行っているなど必見です。

経験豊富なスタッフさんからのアドバイス

持続可能な開発目標のことをSDGsといいますが、少しでも環境に貢献できる社会を目指すこと、そして国際的に話し合いが行われていて、地球温暖化や資源保護などの目的を達成可能にするのがSDGsです。

これは1997年に京都議定書からスタートしたものなどといわれているのですが、以降パリ協定・アパレル業界などで話題になっている持続可能性を意味するサステイナブルなど環境に対する配慮が求められる時代になっているのが特徴です。

のぼり旗も、従来のような布製ではなくエコに適したものが環境保護や地球温暖化の防止に役立てることができる、そして京都のれん株式会社ではペットボトルを活用したエコをアピールすることができる特殊素材の提案も行っており、このような素材を活用することはリーズナブルな値段で数多くの広告宣伝に活用可能なのぼり旗を提供して貰えるなどのメリットに繋げることができるわけです。

のぼりを利益に繋げる

 

さらに、こちらのサイトのスタッフさんはのぼり旗に特化していて経験豊富な人が提案を行ってくれるので、自分のお店や施設などのことを一人でも多くの顧客に知って貰いたいときなど大きな力になってくれるのではないでしょうか。

手書きのできるのぼり旗を通販で

宣伝アイテムとして大活躍してくれる物といえばのぼり旗です。

屋外でも使えますし、屋内でも使えますから、さまざまな施設で
活用することができるのが良いところですが、デザインが
豊富にあるのも良いところです。

のぼり旗は通販サイトで購入することができますが、既製品だけでも
かなりたくさんの種類がありますし、オリジナルのデザインで
作成することで、さらに増えることになりますから、種類は
無限と言っても良いぐらいです。

なお、既製品ののぼり旗を通販サイトで購入する場合、
同じデザインののぼり旗であっても、工夫次第でオリジナリティを
出すことができますので、覚えておくと良いでしょう。

コンセプトを決める

通販サイトで購入したのぼり旗をそのまま使うのは誰でも
やることですが、オリジナリティを出したい場合には、
そこに手書きをするのです。

通販サイトで手に入るのぼり旗は、多少にじんでしまうことは
ありますが、マジックで文字を書くことができるのです。

あまり長くペン先が触れているとにじみが大きくなってしまいますから、
もし手書きする場合には、素早く書くと良いものです。

ちなみに、ペンには水性と油性があり、どちらも書くことが
できるものですが、油性の方がにじみが少ないですので、
こちらで書いた方が良いと言えます。

なお、既製品ののぼり旗に業者の方で文字入れを
行ってもらうという方法もあります。

これであれば手書きと違ってきれいに入れることができますから、
文字入れの方向で検討してみるのも良いでしょう。

通販で購入するならのぼり旗と看板どちらが良い?

店の宣伝をする際には、のぼり旗と看板を使う事が多いです。
どちらの製品を使うかは、店の位置や店のコンセプトによって
変わってきます。

飲食店では、両方使う事が多いですが、店先や道路に
近い場所に設置する時は、看板よりものぼり旗の方が安く、
設置場所を変更しやすいというメリットがあります。

設置が簡単なのぼり

のぼり旗は、通販サイトでオリジナルの物を購入する事が
可能であり、注文者がオリジナルデザインのデータを
業者に渡せば、その通りに作ってくれる
オーダーサービスを実施しているケースもあります。
通販サイトでは、既成品も販売しており、
多くの消費者に既に認知されているような
物であれば、オリジナルでのぼり旗を
作成しなくても、十分に活用する事が可能です。

旗は、大小様々なサイズの物がありますので、
宣伝したい内容に応じて旗を選ぶ事が出来ます。

通販サイトは数多くありますので、利用者の
ニーズにマッチした商品やサービスを
提供してくれ、リーズナブルな価格で
購入出来る業者を使っていくと良いです。