気軽に入れるお店にしよう

効率よく集客するためのポイントは、お客様に抵抗感を与えないことです。

例えば店頭にスタッフが立っていると、気軽に入られないという人は少なくありません。
店舗内で買い物をしているときも、スタッフから話かけられるのは苦手という人は多いでしょう。

人と話すのは苦手という方は、人による勧誘・宣伝などは好まないのです。
こうした人にも効率よく宣伝するには、のぼり旗を活用するのがおすすめです。

のぼり旗がこれほど注目されるのは、設置するだけで呼び込みができることにあります。
店側の宣伝コストを抑えるためにも役立ち、テレビや新聞などで広告する必要がありません。

広告に役立つ

もちろんこれらの方法は効果的ですが、広告費が利益を上回ってしまう可能性があります。
のぼり旗による宣伝はローコストで費用対効果が高く、通行する人やドライバーに対して優れた宣伝作用を発揮します。

目玉商品をのぼり旗にプリントしておけば、より効率的に呼び込みができるでしょう。
さまざまな商品をアピールするよりも、目玉商品を絞っておいたほうが集客効果を上げられることが多いです。

ターゲットを絞り込むことにより、見込み客を得やすくなるのです。
入りやすい店づくりを意識すれば、リピーター増加にもつながります。

新規顧客を増やすための雰囲気づくりを

はじめての店に入るときは抵抗を感じるという人が多いでしょう。
どのような商品が置かれているか確かめたいけど、入店すれば
スタッフから声をかけられそうで入りにくいという人は少なくありません。

それにより店側は潜在的な客層を失っていることが多いのです。

のぼり旗を設置しておけば、利用者は対人の面倒を感じることがありません。
人と接するのが苦手という人でも入店しやすいので、新規顧客の確保に役立ちます。

のぼり旗を設置しても、あまり見てくれないと考えるかもしれませんが、
のぼり旗は想像以上に目立つ設計になっています。

目立つ宣伝

パッと見ただけで何を販売しているのか、何がお得なのか認識してもらえるのです。

気軽に入店できる雰囲気を生み出すことは、長い目で見ると大きな集客効果となります。
堅苦しい雰囲気があると、人は入店を躊躇してしまうことが多いのです。

のぼり旗はポピュラーなアイテムで、ラーメン屋やお総菜コーナーなどに設置されているでしょう。
のぼり旗を置いておくだけで、よい意味で庶民的なイメージを演出できるのです。

旗のデザインはシンプルでわかりやすいものがベストです。
内容を認識するのに時間がかかるデザインだと、集客効果が低下する傾向があります。

置き型?吸盤?ミニのぼり旗の設置方法!ペイペイの支払い案内などに使える

のぼり旗は設置の仕方も大切

のぼりの設置のぼり旗は製作してそれで終わりではありません。
いかに有効な方法で設置できるかが重要となります。

のぼり旗の設置方法はいくつかありますが、基本的には
置き型と吸盤型のどちらかを選択するケースが多いです。

置き型の場合には注水台など専用の台を使って設置します。

 

ポールを注水台に入れて立てるだけとなっていて、風にも
強いのが特徴ですが、何かと場所を取ってしまうという
デメリットもあります。

そのため、交通の妨げをしない場所に設置すること降雪予想
される際には設置をやめるといったことが求められます。

置き型ではのぼり旗の上部分を固定する仕組みになっていて、
下部分は固定しないケースも多いです。

 

これが原因で巻き上がってしまうこともあるため、必要に
応じて下部分の固定も施すことが有効となります。

下部分を固定するためには専用のパーツが必要です。

のぼり旗を製作している業者の中にはそういった専門の
パーツを用意しているところも少なくありません。

 

置き型は大きなのぼり旗にも対応しているというメリットがあり、
店頭に設置する方の多くがこの方式を選択しています。

ペイペイ用ののぼり旗などは室内で設置する場合には
吸盤型が選択されるケースが多くなります。

ミニのぼり旗には吸盤がうってつけ

昨今では店内にミニのぼり旗を設置しているお店も多いです。

店内に設置をする場合にはなるべくスペースを取らないことが
重要となります。

そこでよく用いられるのが吸盤です。
ミニのぼり旗に吸盤を取り付け、その吸引力で立たせるという
方法となっています。

 

この方法であればスペースを取らないだけでなく、取り外しが
簡単なので非常に便利です。

ペイペイの支払いが可能であることを示したいときには重宝します。
また、吸盤は針やテープとは異なり、机や床を傷つけてしまう恐れもありません。

吸盤を使った設置にはメリットが多いですが、デメリットもあります。
それは極端に大きな旗には対応できないということです。

大きなのぼり旗の場合には吸盤に強い負担がかかってしまい、
それが外れてしまう原因にもなります。

お店で使うのぼり旗

あくまでミニのぼり旗を付ける際に便利な方法といえるでしょう。
他にも吊り下げ型やひもで結ぶ設置方法などがよく採用されています。

どの設置方法が最も優れているとは一概に言えず、のぼり旗の種別に
合わせて選ぶことが大切です。

オリジナルのぼり旗の製作をしている業者は様々な方法をを用意しているので、
相談してみることもおすすめします。