野菜は収穫したての新鮮なものが美味しいのは言うまでもありません。

 

しかし、農作物を作った経験のない人にとっては、新鮮な野菜の見極めは難しいですし、どこのお店も同じような鮮度だという考えもあります。

 

野菜のぼり

それを最もわかりやすく伝えることができるのが、「のぼり旗」です。のぼり旗は一言であってもメッセージ性が高いので、何を売っているところなのかすぐに把握できます。また、風になびくだけで、そこに在るという存在感が出ますので、備え付けの看板よりも目に入りやすいです。

 

のぼり旗のある売り場は催事のイメージがあるので、いつもやっていない売り場という感覚があります。そのため、鮮度の高い、今しか手に入らない野菜が買えるというお得感が出ます。

 

のぼり旗が出ているとお店に活気が出るので、新鮮なのではないか、安いのではないか、美味しいのではないかと、お客様は購買意欲が出てきます。一度見てみるだけでもと、品物を手に取るお客様も増え、集客が期待でき、売上につながります。

 

ラーメン屋ののぼり旗をみると食べたくなる効果

 

飲食店を営業していて、人を呼び込もうと思った場合には、においで誘うと言う方法もありますが、見た目の良さで気を引きつけると言う方法もあります。
なお、その時にとても効果的なのが、のぼり旗です。

 

ラーメン屋のぼり

飲食店では、食品レプリカを設置しておくのも効果的な方法ですが、食品レプリカの場合には、お店の近くまで来てもらわないと見えません。

 

また、貼り紙も同様です。その点、のぼり旗であれば、大きくて色鮮やかですから、遠くからでも見えやすく、素材が優れているおかげで、さまざまな角度から認識しやすいと言うメリットもあります。

 

なお、お店のロゴや商品名の看板を見ると、食べたくなったり飲みたくなったりすることがあるように、ラーメン屋の前にのぼり旗が置いてある時にも、食欲をそそるものです。

 

赤いバックに黒字の「ラーメン」の文字を見るだけで、妙にラーメンが食べたくなると言う人もいるでしょう。なお、ラーメンののぼり旗には既製品もたくさんありますから、それを手配しても良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)