京都にはかつては都が置かれ、日本の中心都市として機能した側面もあり、
その中でも貴族階級から庶民までの着物を手掛けた歴史もあります。

また物資移動の中心でもあった点や多くの染め物を行う
職人集団が住み着いた土地として発展した点も存在します。

一方では近世においても多くの商家が建ち並び、その店頭には
のぼり旗・のれんなどを掲げている光景もよく見られます。

店頭にのぼりを並べる

日本の和の文化の中でも京都のれんが発展した経緯も存在し、
しかも観光都市として発展もしていることからのぼり旗・のれんは
欠かすことができないものになっています。

本格的な京都のれんでのぼり旗を制作した場合、その魅力には
高品質な形で仕上がるのに、価格もそれほどかからない激安で
制作をすることができる点です。

まず高品質であるのは、伝統より導き出された工法が
しっかりと確立している点があります。

どうすれば長期的にいつまでも美しく、のぼり旗を掲げることができるかの視点で制作されています。

丈夫さと仕上がりの美しさの二点にこだわりを持っているので、
自ずと高品質な状態で制作されることになります。

また激安で制作することが出来る点は、工法が確立しているので、
その工法を違わないで制作を行えば手間を省けるので、その分だけ
納期を短縮できたり、大量生産も可能とするためです。

しかも素材を安価で手に入れる工夫を行っていたり、しかもweb上で注文を受けるなど
無店舗販売などを行い経費を削減できる点で、激安を実現します。

のぼり旗制作前には見積もりを

のぼり旗は、そのお店の集客のものでその内容に如何によっては商売に大きく影響します。
その宣伝を促す大切なお店の商品広告アイテムです。

一般的に店外での使用しますし、店外でお店を目立つようにするために
そののぼり旗はある程度の数は必要で、少ないとお店は貧相に見えて客足が遠のきます。

そのためにある程度多くの旗を確保するので、その単価も
高額であるとトータルするとコスト高になります。

しかしあまりのぼり旗ばかりにコストを割くことができないので、コストを下げるために
必ず数社から見積もりをとって比較して購入したほうがいいです。

のぼり製作前の見積もり

単に安ければいいとは考えられず、あまり安すぎて粗悪であれば
集客力も劣悪となり意味がないですが、その価格と比較して
クオリティが高くかついいものであれば、広告効果が期待できるので
適正な価格で選んで購入したほうがいいです。

また壊れたときのアフターフォローもどの程度かも見積もりでサービスを確認のうえ決定するべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)