shadow

地方に行くと朝市ののぼりに惹かれる

最近、車などを利用して遠出をすると、道中に心惹かれるものがたくさんあります。

例えば、その一つが、朝市とかかれてあるのぼりの立つ風景です。
朝市とは一般的に早朝から、その日摂れた新鮮な野菜や果物、魚などの
魚介類などの販売をする市場の事をさしますが、その地方で育てられた
食べ物を買う良い機会でもあります。

また、朝市は野菜なども格安で購入することができるので、多くの人から人気を得ています。
のぼりを見ると、つい朝市でおいしい食べ物を買いたいという気分にもなります。

のぼりは宣伝効果もありますし、車などから眺めたときに大変分かりやすいですし、ゆれているので、
注目しやすいアイテムにもなります。

このように、地方へ出かけたら、のぼりのあるお店を目的にドライブをすれば、必ずその地域限定のおみやげや
特産物との出会いがあるのです。

朝の早い時間帯の遠出は、その日1日を充実させる日になる手助けもしてくれます。
一度、のぼりのあるお店を目指してドライブをする事も良いです。

ピザ屋で持ち帰りなら半額ののぼりでアピール

情報の伝え方には、インターネット上の公式サイトで告知したり、
お店にポスターを貼って知らせるなど色々な方法がありますが、
いくら一生懸命宣伝をしたとしても、消費者に見てもらえなければ意味がありません。

日常の自然な行動の中で捉えることができるのが良い宣伝方法と言えますが、
それを実現してくれるアイテムがのぼりです。

のぼりの良い所は、何と言っても目立つ所です。

貼り紙やチラシは置いてあっても見落してしまうかもしれませんが、
お店の前にのぼりが一本あるだけで、まず目に入りますから、
気付かないと言うことはないと言ってもよいほどです。

例えば、ピザ屋で持ち帰りをすると半額になる、といった
お得感の強いアピールをするのに、のぼりは最適のアイテムです。

せっかくのお得なサービスですから、しっかりと伝わる形でアピールをして、
利用してもらえるようにすることが大切です。

おいしそうな写真などと合わせて作成することで、より効果が期待できるでしょう。

三巻加工ののぼり旗

のぼり旗は、店の前に旗を立てて店をアピールするための物ですが、日中雨が降っても立てていることから、劣化もはやいのが特徴です。

また、太陽光を一日中浴びており、雨などによって濡れてしまうことも多いので、糸がほつれたり色が薄くなってしまったりすることも多くあります。
そのため、丈夫なのぼり旗が非常に大切になっており、ボロボロの旗を店の前に立てていると、店をアピールするためのものが逆効果になってしまうこともあります。

のぼり旗の加工にはヒートカット加工や三巻加工があります。ヒートカット加工は熱で加工してカットしているだけなので、納期もはやく費用も安くなっているのが特徴です。三巻加工は生地を折り返して縫製していることから、強い風やほつれが気になる場合には非常に丈夫な加工です。
旗は日中外に出して雨風に当たっているので、折り返し縫製している方が長く使うことができるのでメリットもあります。

店内で使用する旗などはヒートカット加工でも十分に使うことができるので、使用用途によって使いわけることが大切です。

のぼり旗の水タンクの取り扱いについて

のぼり旗を使っているような店舗の中には、インターネットの通信販売として購入したアイテムを利用している方も数多く存在しています。

インターネットでのぼり旗を購入された方のケースでは、その多くが設置するスタンドに関しては石ではなくプラスチック製の水タンクを用いる方法です。
石の場合では重量がかなりあることから、安定して使うことができますが、一方で持ち運びや移動させる際には非常に手間がかかってしまいます。

その結果として利便性の高い水タンクを使うことになりますが、このタイプの取り扱いに関しては、のぼり旗を設置する場所を決めて、予め水を入れた上で設置場所に運ぶ方法、力の無い方の場合では水道ホースなどを用いて設置場所で水を入れる方法も用意されています。

逆に撤去を行うような場面では、道路の縁に設置されている排水溝にそのまま水を流す方法で誰でも簡単に取り扱いを行うことができ、店舗内などに収納する際にも軽量素材として便利に使えます。

のぼり旗の材質について

現在、のぼり旗の材質の主流となっているのがポリエステル100%のテトロンポンジです。

屋外に設置することが多いのぼり旗は少々の雨風に耐えられなくてはなりません。
テトロンポンジは大変軽い生地ですので、風にきれいにたなびきます。

汚れても洗ってアイロンの必要がなく、すぐ乾きます。
印刷インクの裏への透過率がよく、表からも裏からもはっきりわかります。

字は反転しますが、メニューの写真やイラスト、反転してもさほど影響のない営業中などのデザインや、わかりやすいカタカナにはおすすめの材質です。

テトロンポンジの2倍の厚みのテトロントロピカルは、裏への透過が少し劣りますが十分きれいに発色します。
耐久性も高くなりますので、屋外にもおすすめです。

遮光スエードは、生地に厚みがあり表面にツヤがあります。
裏までインクが透過しませんので、両面印刷ができます。

屋外で常設するのであればビニール素材で耐久性に優れたターポリンなどもあります。

のぼり旗の効果的な立て方

のぼり旗の効果的な立て方は、まず設置間隔が重要です。
人目を惹きつけたいと思う気持ちが強すぎて大量に立てるとごちゃごちゃして見づらいだけでなく、旗同士が絡まりあってしまうこともあります。

のぼり旗の場合、1.8m間隔程度で並べると非常に見やすく効果的です。
旗同士が絡まりあうことも無く、いつでも道行く人にアピールすることが出来るでしょう。

また、同じデザインやカラーで統一した立て方も効果的です。
アピールポイントが多いからといって一つずつ異なるのぼり旗を立てていると統一感が無くインパクトも弱まってしまいます。

並べる時は統一感を持たせ、どうしても強調したいのぼりがあれば一つだけ違うものを立てておくと却ってインパクトを持たせることが出来るでしょう。

歩行者や運転者から見やすいよう、道路からよく見える場所に立てるのがおすすめです。
電柱や看板など障害物に当たらないような開けた場所に等間隔に間を空けてのぼり旗を立てましょう。